ポール・ウィルコクス

均衡を成り立たせる母の愛

私たちは、私たちが作った地球の不均衡を正そうと努力しています。
これは、私たちが賢いと考えるその方法ではありません。
神様が下さった方法が既に存在します。

国際聖書セミナー北米編 · オクチョン ゴーアンドカム研修院

ポール・ウィルコクス

アメリカ

アメリカ太平洋司令部 東北アジア政策
韓国担当理事

世の初めに神様によって創造された完璧だったこの世は、地球を占領した罪人である私たちのせいで、均衡を失いました。真の均衡を取り戻すためには、エロヒム神様の御言葉を聞いて、聖書を読まなければなりません。そして、御言葉を信じなければなりません。そうしてはじめて、父と母が、私たちの魂を救われるという最終目標を達成なさることができます。

地球のバランスが崩れる

神様は完璧なので、神様が創造された太初の地球も完璧でした。しかし、今日の地球を見るとどうですか?一体40億年の間、何があったのでしょうか?戦争、津波、地震、竜巻、地球温暖化など、今の地球は目茶苦茶です。

私たちはこのような状態を「均衡が崩れた」状態だと言います。完璧な均衡をとるように創造された地球を変えたのは、この地を占領した私たちです。 罪で満ちた私たちがこの地に来て、不均衡を造ったのです。 それによって良い点といえば、私に仕事ができたということです。私は、私たちが作った不均衡を正そうと努力しています。

均衡をとるための人間の方法

私が働いている国防部では、私たちが追及する均衡を達成する組織を作り、その過程と方法を考案しています。目標を立て、戦略を組み、政策を作ります。

私が担当している特定アジアを例にあげると、私たちは「平和」という国家目標のため、地域安保や安定のための計画を立てます。 理論上、地域安保や地域安定が成されていればこそ(全体的な)平和が可能だからです。

私たちは、主務官から大統領に至るまで調整し、空軍二等兵から海軍兵など、すべての階層に介入します。相互防衛条約も必要なんですが。相互防衛条約は、私たちが単純な同伴者ではなく同盟関係であることを明示したものです。私たち韓米は同盟国です。それで、大韓民国が攻撃を受けたり外部からの侵略を受ければ、米国が韓国と連合して平和のために侵略者と対抗して戦います。

しかし、これは簡単なことではありません。それで、私はこのようなことが平和に成されるように交渉して調整する仕事をしています。

均衡をとるための神様の戦略と政策

神様は完璧な均衡を成した地球を創造されました。また、私たちが罪人であることをご存知の神様は、地球の完璧な均衡を成すことができる方法と目標を教えてくださいました。

それはまさにすべての人類を救いに導くことです。目標をなすための計画は何でしょうか?神様は聖書を読み、その御言葉が神様の御言葉であることを信じなければならないと言われました。

神様はすでに私たちに政策も教えてくださいました。戦略を達成するための行動方針、すなわち政策は、罪を悔い改めることから始まります。その次に、神様の法に従順に従い、神様が模範を示してくださったすべてのことに従わなければなりません。犠牲の模範、仕える模範、そして、話し行動するすべてのことによって、エロヒム神様に賛美と栄光を帰すべきです。

聖書を信じよ、神様を知れ

私たちがこのすべての政策に従ったら、最終的に何をすべきでしょうか?真理を探している人々に私たちが受けたこの真理を伝え、救いが私たちの目標であることを教えなければなりません。彼らにこの事実を知らせたら、霊的な目と耳が開き、シオンに集まって来るはずです。今日すべての人々が聖書を読んで理解するなら、私のような職業がなぜ必要でしょうか?2千年前にも、人々は聖書の御言葉に耳を傾けませんでした。人々は神様の御言葉を信じもしませんでした。

モーセを信じたのであれば、わたしをも信じたはずだ。モーセは、わたしについて書いているからである。しかし、モーセの書いたことを信じないのであれば、どうしてわたしが語ることを信じることができようか。
ヨハ5:46-47

2千年前、モーセの書いたものは何ですか?聖書です。しかし人々は聖書を読まず、読んだ人も完全に信じませんでした。イエス様は、彼らは神様を知らないと言われました。

しかし人々は、わたしの名のゆえにこれらのことをみな、あなたがたにするようになる。わたしをお遣わしになった方を知らないからである。
ヨハ15:21

創造物を通して創造主を知ることができる

人の姿で来られた神様、すなわちイエス様がこの地に来られましたが、人々は見分けることができず受け入れませんでした。彼らが神様を知らなかった理由は聖書を読まなかったし、御言葉を信じなかったからです。 今日も問題は同じです。 私たちは、神様が天地を創造されたと言い、地球自体を通して神様の作品を見ていながらも悟ることができません。

この祭司たちは、天にあるものの写しであり影であるものに仕えており…
ヘブ8:5

神様が下さったこの地球のすべてのものは、天国にある実体の写しと影です。そして、それは家族構成員にも適応されます。家族制度に関して考えてみると、家族には父がいて、母がいて、子供たちがいます。

家族の均衡をもたらす存在、母

それでは、天にいる霊の家族はどうでしょうか?

更にまた、わたしたちには、鍛えてくれる肉の父があり、その父を尊敬していました。それなら、なおさら、霊の父に服従して生きるのが当然ではないでしょうか。
ヘブ12:9

肉の父がいる霊の父もあるとし、その霊の父をイエス様は「天におられる私たちの父」と教えてくださいました。

だから、こう祈りなさい。『天におられるわたしたちの父よ、御名が崇められますように。
マタ6:9

私たちには肉の父がいるように、霊の父もいます。男性が父と呼ばれるためには、明らかな条件が必要です。まさに子供です。

父となり、あなたがたはわたしの息子、娘となる。全能の主はこう仰せられる。
二コリ6:18

コリントの信徒への手紙二6章18節には「神様の子供たちがいると記録されています。このセミナーで私が発表する主題を覚えていらっしゃいますか?母は均衡をもたらす存在です。均衡は何でしょうか?家族内での安定は何でしょうか?神様は片親だと信じますか?今日の人々は、そのように言っているようです。神様は片親ではありません。絶対に違います。母がおられます。聖書にも記されています。

天のエルサレムは、いわば自由な身の女であって、これはわたしたちの母です。
ガラ4:26

それで、私たちには父なる神様と母なる神様、そして神様の子供たちがいます。私たちが、この節を見せて「見て、エルサレムの母。私たちの母です。」と言うと「いや、違う。」と言う人がたくさんいます。この節を否定することは、聖書を否定することです。

家族は「血」でつながる

何が家族をつなげるのかを知って理解することは、非常に重要です。 家族は血でつながっています。この地球のすべてのものは、天にある実体の写しであり影だと言いました。この地上で家族が血でつながっているとしたら、霊の家族、天の家族をつなげてくれるのは何でしょうか?それもまた血です。何の血でしょうか?過越祭の血です。

人の子の肉を食べず、人の子の血を飲まなければあなたがたの内に命はない。
ヨハ6:53

しかしながら、誰かの肉と血をどうやって食べたり飲んだりすることができますか?だから、その当時も人々が尋ねました。これを知ることが非常に重要な理由は、その結果が永遠の命だからです。

弟子たちは、イエスに命じられた通りにして、過越しの食事を準備した。
マタ26:19

過越祭を守る場面です。

一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。「取って食べなさい。これはわたしの体である。」また杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。「皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血…
マタ26:26–28

永遠の命の約束を受ける唯一の通路、母

永遠の命を得るために何をするべきでしょうか? 過越祭のパンとぶどう酒を食べて飲むべきです。これは非常に重要です。なぜなら、家族をつなげるものが血だからです。神様の子供になるためにはキリストの血に与る過越祭を守らなければなりません。なぜなら、それだけが私たちを家族としてつなげるものだからです。私が、母が均衡をもたらすといったのですが、ではなぜ今過越祭について言及するのでしょうか?その理由は母を知り、理解するために確認するべきことがあるからです。

ところで、兄弟たち、あなたがたは、イサクの場合のように、約束の子です。
ガラ4:28

この約束は永遠の命です。イエス様は「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得る」と言われました。そしてガラテヤの信徒への手紙では、私たちを「永遠の命を得る約束の子」だと言いました。

要するに、兄弟たち、わたしたちは、女奴隷の子ではなく、自由な身の女から生まれた子なのです。
ガラ4:31

わたしたちは「自由な身の女から生まれた子」だといいました。それでは、自由な身の女は誰ですか?

天のエルサレムは、いわば自由な身の女であって、これはわたしたちの母です。
ガラ4:26

自由な身の女は私たちの母です。そして、私たちは約束の子です。私たちが、新しいエルサレム母を見分けることができず、認めず、従わなければ、私たちは永遠の命を得ることができなくなります。そして、さらに重要なことは、母を通じてはじめて永遠の命の約束を受けられるということです。これは結局、母が過越祭の真理だということです。私たちはなぜそれほど、これが重要だと言うのでしょうか?何が天の家族をつなげるのでしょうか?過越祭の血です。過越祭の真理は、真に私たちの母、新しいエルサレムです。

母の愛が均衡をもたらす

私の仕事はこの世の均衡を見つけることです。世は、ここを占領した罪人である私たちのために均衡を失ってしまいました。真の均衡を見つけるために、エロヒム神様が言われることを聞きましょう。聖書を読みましょう。戦略に沿って、父と母の御言葉である聖書を読んで信じましょう。父と母が私たちの魂を救ってくださるという、その目標を成し遂げられるように、

御言葉を読み、理解し、信じることが戦略です。聖書を読んで、御言葉を信じることによって、エロヒム神様である父と母を知るようになるからです。神様の御言葉である聖書を信じたら、エロヒム神様である父と母を知るようになります。そして最も重要なこと、すなわちエルサレム母の愛を知ることが、私たちが人生の中で探している均衡をもたらすということが分かるようになります。エロヒム神様、母を知って母が私たちに与えてくださる愛を知るようになれば、その愛が私たちの心の中にあるようになるからです。永遠の命以外に、さらに大きな贈り物が、何かあるでしょうか?私たちの母がくださるその贈り物の他にです。だから、私たちが探している均衡を賜る、私たちの天の父と母に賛美を帰しましょう。

ありがとうございました。

全体発表主題

大宇宙の命の源である天の母オーガスト・クルーシ

均衡を成り立たせる母の愛ポール・ウィルコクス

救いの経営のためのマスターキーである母ホルヘ・マーサ

ミトコンドリア遺伝エリアス・カイセド

歴史学的観点から見た 母なる神様の存在の必然性カルロス・グティエレス